インターネットをしていると一度はオンラインカジノという文字を見かけた事があるのではないでしょうか?今回は競馬好きだった私がオンラインカジノに出会ってマイナス収支からプラス収支に至るまでの経緯をお伝えしたいと思います!

控除率の悪い競馬は儲からない!

日本の競馬の人口は約100万人といわれていますがその中で勝ち越している人というのは一体どれくらいいるのでしょうか?
買い方を制限して大勝ちもせず大負けもせず…。。。という人もいれば、これだ!と決めた所に大きく賭ける人、はたまた自分の好きな馬にだけ賭ける人等いろいろな賭け方をする人がいると思います。
しかし残念ながら収支に関しては大半の人が負け越しておられるのではないでしょうか?
それはもちろん競馬のシステムがそのようになっており、運営もビジネスとして開催しているので儲からないのであればとっくに消滅しているでしょう。
ちなみに私は決めた所に大きく賭けるタイプ、収支はボロボロで給料の大半をつぎ込む有様でした。
このままではいけないと思い競馬について色々調べていると『控除率』という言葉に行き当たりました。
控除率とはペイアウト率とも言われ、入ってくるお金と出ていくお金の割合の事をさします。
競馬の控除率は75%といわれており、これは例えば競馬に1万円使うと7500円は返ってきますよ、という意味です。
もちろんその7500円を競馬に使うと7500円の75%なので5625円になります。
『そりゃ勝てない訳だ…』と思った方は多いでしょう。

それではオンラインカジノの控除率は一体どれくらいなのでしょうか?
競馬では『75%』なのに対しオンラインカジノではなんと『95%以上』といわれています!
一体同じギャンブルなのに何故ここまでの差が出ているのでしょう?

オンラインカジノの控除率がこんなに高いのは?

それではオンラインカジノの『95%以上』の控除率について説明していきましょう。
例えばルーレットで赤か黒に賭ける事を想像してみてください。
確率は50%なので数をこなせば統計的には収支プラスマイナス0になるのではないか?と考えるかもしれませんがルーレットにはここに赤と黒以外に0というものが存在します。
赤の0〜49の50個、黒の0〜49の50個が存在し0には賭けれないとなればカジノ側は2%の確実な利益を確定させる事が出来ます。
実際にはもう少し数が少ないので3%前後に落ち着きます。
今回はルーレットを例に説明してみましたがほとんどのオンラインカジノはこういうシステムをとっている為『95%以上』という控除率が可能となっているのです。
この少ない利益で運営できるのは、パチンコの様な一等地でやらなくてすむのでオンラインカジノは経費削減出来ているからなのです。

どうしたらオンラインカジノで結果を出す事が出来るのか?

私も元々は競馬ばかりしており、一時期の収支は1月マイナス30万はあり、このままではいけないと日々焦りを感じていました。
たまに大もうけするときはありますが、やはり最終的にはマイナスでしたね。
その時にインターネット上で出会えたのがオンラインカジノでした。
そのおかげで今ではかつてのマイナス収支を取り戻し毎月大きなプラスを出す事が出来ています。
競馬で結果が出ない、負けてばかりだという人は一度オンラインカジノを初めてみてはどうでしょうか?
あくまでギャンブルの為『必ず勝てる』という事はありませんが控除率により、正しい知識でアツくならなければ他のギャンブルとは違い、きちんと生活できるレベルになります。

私が利用している優良サイト一覧はこちらから>

自宅にいながらカジノを楽しむ「オンラインカジノ」…?

初めてのオンラインカジノ
おすすめオンラインカジノ

無料のゲームサイトでカジノのルールを覚えてから行く人や、本番さながらのオンラインゲームで練習する人も増えているそうです。左上の「初めてのオンラインカジノ」をクリックすると解説記事を見れます。

関連記事

「カジノ」に関する最新ニュース(外部サイト)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初めてのオンラインカジノ

Neteller口座開設マニュアル

ページ上部へ戻る