オンラインカジノに限らずカジノには、様々な攻略法が存在します。
しかし、実際には確率論に基づいた数学的な戦略を用いるものです。
その中の1つが「ダランベール」法です。
フランスの数学者「ジャン・ル・ロン・ダランベール」にちなんだ名前がつけられています。
別の呼び方では、ピラミッド法と呼ばれることもあります。
ピラミッド法

ダランベール法の基本

ダランベール法に適しているのは勝率50%で配当が2倍のゲームです。
ゲームによっても異なりますが勝率30で配当が3倍のゲームでも問題なく応用できます。
ブラックジャックや、バカラなどのゲームに最適です。
バカラブラックジャック
何だか難しそうな感じですが、実はやり方はとても簡単です。

勝負に負けたときに、次の勝負で1つ上乗せして賭けていきます。
反対に勝負に勝てば、次の勝負での掛け金を1つ減らします。

利益が出たらリセットしよう

ただし、1回目の勝負で勝ったときは一度ダランベール法をリセットして1から始めます。
利益が1だけでもプラスに傾いたのなら、1セット終了します。
払い戻しの額はわずかかもしれませんが、繰り返すことで着実に利益を増やしていきます。

コツコツ続けてプラス高利益を目指そう

もちろん、1回の勝ちでは簡単に全部の負けを取り戻すことはできません。
長く勝負を続けて利益をプラスへと導くことが、攻略のポイントになります。

大きな連敗スタートの場合、利益へ移行するまでの時間がかかるので短期戦では使えません。
大きな利益が無い代わりに、大きな損益もない攻略法です。
高利益を望むなら、ゲーム時間は長くなりますが堅実な攻略法になります。

しかし、カジノゲームでは絶対ということはありえません。
ダランベール法を用いたとしても、負け続けた場合には損益にしかならないこともあります。
ですが、他の攻略法に比べて、損益額を少なく抑えることが可能なのがダランベール法です。

一攫千金を狙う方にはおすすめできません

なるべく長い時間カジノを楽しみたい人や、初心者におすすめの攻略法になります。
一度に形勢逆転を狙っている人は、ダランベール法を使わない方が良いでしょう。

攻略法といっても、勝ち負け自体を操作することはできません。
負けが多いときに、どのように損失を抑えるのかがポイントです。
そして、このポイントがダランベール法の特徴となります。

ダランベール法の応用

この戦略は、投資など他の分野にも応用できるものになっています。
ダランベール法は、オンラインカジノだけではなく株式投資やFXにも応用できるでしょう。
リスクコントロールの手法として、抑えておきたい法則です。

まとめ

長期的な視野に立ってリスクを軽減するのが、ダランベール法の特徴となります。
もちろん、リスクが低い分だけ利益も大きくは望めません。
まずはコツコツと勝負勘を養うためにも、覚えておきたい攻略法の基本です。

自宅にいながらカジノを楽しむ「オンラインカジノ」…?

初めてのオンラインカジノ
おすすめオンラインカジノ

無料のゲームサイトでカジノのルールを覚えてから行く人や、本番さながらのオンラインゲームで練習する人も増えているそうです。左上の「初めてのオンラインカジノ」をクリックすると解説記事を見れます。

関連記事

「カジノ」に関する最新ニュース(外部サイト)

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    初めてのオンラインカジノ

    Neteller口座開設マニュアル

    ページ上部へ戻る